「売り」と「買い」を同時に建てる。

例えば、KDDIの株式を「空売り」して、NTTの株式を「買い」ます。

上記の「売り」と「買い」を同時に建てたときの、価格の差(値ザヤ)が、その後どう動くかによって損益が変わってくるのです。

値ザヤが大きくなると思って仕掛けたとして、目論見通り、値ザヤが大きくなれば儲かる。
予想に反して、値ザヤが小さくなれば損をする。


KDDIとNTTの個別の株価がどうなるかは全く関係なくて、両社の株価の差(サヤ)がどう動くかだけが問題なのです。

このサヤが動く方向と動き方により、損益が変わってくるという非常にユニークな投資法なのです。

sayatori_bnr400_125.gif

サヤ取りのメリット

極端な話、上記の仕掛け(「KDDI売り」「NTT買い」)をした直後に、ブラックマンデーを超える未曾有の大暴落に見舞われたとしましょう。

たぶん、両社の株価はストップ安になって、数日値が付かない状態が続くかもしれません。


しかし、そんな危機的状況も、「サヤ取り」においては、全く何の影響もありません。
痛くも痒くもないのです。

それは、一体どうしてなのでしょうか?


KDDIとNTTは、同じ通信セクターの株式です。
個別の業績に左右される部分があるとしても、同じ業界なので、株価の動きはいつも本当にそっくりなのです。

そういう株式の一方(KDDI)を「空売り」し、もう一方(NTT)を「買って」いるのです。

両方、ストップ安になったら、KDDI株は大儲け、NTT株は大損となります。

具体的には、両社ともストップの値幅は10万円なので、プラス10万円とマイナス10万円が相殺されてプラスマイナスゼロになります。


だから、大暴落も恐くないのです。

sayatori_bnr400_125.gif

サヤ取りは難しい?

サヤ取りの歴史は長いです。300年以上の歴史があると言われます。

ユダヤ系英国財閥ロスチャイルド家や山種証券の創始者である山崎種二氏が巨万の富を築くために活用した資産運用法として有名です。

世界三大利殖のひとつとも言われます。
「サヤ取り」と「サヤすべり取り」と「オプションの売り」です。


いわゆる売りと買いの両建てで、同じ株数(枚数)を同時に建てて、同じ株数(枚数)を同時に手仕舞いします(決済します)。

そのときの損益は、「売り」と「買い」を同時に建てたときの、価格の差(値ザヤ)が、その後どう動くかによって変わってきます。

値ザヤが大きくなると思って仕掛けたとして、目論見通り、値ザヤが大きくなれば儲かる。予想に反して、値ザヤが小さくなれば損をする。


売った銘柄、買った銘柄の個別の価格がどうなるかは全く関係なくて、両銘柄の価格の差(サヤ)がどう動くかだけが問題なのです。


さて、サヤ取りが難しいかどうかの結論です。
ある程度難しいことは当たり前です。そんなに簡単なら誰でもすぐに儲かってしまいますからね。

しかし、サヤ取りより難しいことを皆さんは経験済みなんです。
中学校1年生レベルの数学と比べれば、サヤ取りのほうがよほど簡単なんです。

自分のお金、生活を賭けて行うので、投資というものを難しく感じているだけです。

sayatori_bnr400_125.gif


HOME | サヤ取り投資クラブSIGMAとは? | 199名限定プラチナ会員募集 | 正会員
上野式サヤ取り教材のご紹介 | サヤ取りとは | サヤ取りの先にあるもの | 節税のヒント
特定商取引法・プライバシーポリシー・リスク事項 | 関連リンク